AJEQの公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJEQ研究会(4/26)の荒木会員発表の写真と報告

AJEQ研究会(4/26)の荒木会員発表の写真と報告:(4/27、改定4/28)

AJEQ研究会が、4月26日(土)の17:00~18:45に、立教大学の6号館6305教室で行われました。
今回の発表者は、荒木隆人会員(京都大学)で、以下のテーマで報告がありました。
テーマ
「カナダ連邦政治とケベック政治闘争ーカナダ1982年憲法を巡る政治過程ー」
(発表の要旨は以下の写真集の後に掲載)

新緑の季節の立教大学正門の風景と研究会で荒木隆人会員を紹介する矢頭理事
140426a17.jpg 140426b17.jpg
荒木会員の発表と研究会参加者(計18名)の様子
140426c17.jpg 140426d17.jpg
140426e17.jpg 140426f17.jpg
質疑応答の様子:仲村愛会員(写真左)と加藤普理事(写真右)による質問
140426g17.jpg 140426h17.jpg

発表の要旨
 「マルチナショナル連邦制」を、2つ以上のネイションが一つの政治体の下で共存しうる連邦制と定義した上で、マイノリティ・ネイションとして独自の性格を持つケベック州が連邦政府と「憲法闘争」を繰り広げた1960~80年代の政治過程に焦点を当てて、その今日的意義を見出だそうとする発表であった。
 より具体的には、カナダにおけるケベック州政府が主張した憲法構想である「特別の地位」や「主権連合」という立場と、個人の権利を基にしてこれらの構想を認めないトルドーの「均等連邦制」の立場が対立を続けた歴史を詳細に分析し、ケベック州の立場が言語などの「集団的権利」を優先し、議会による政治的な保証を求めたのに対して、トルドーはあくまで個人的な権利を重視し、司法の決定が最終的な判断になるという点で、根本的な違いがあるように見えることを指摘した。
 しかしながら、結論としては、「憲法闘争」におけるケベック側の代表者であったレヴェックが主張する立場を詳しく調べると、それは必ずしも言語のような集団的な権利を個人的権利よりも優先させる考え方ではなく、むしろ個人の権利を言語という手段を通じて実現しようとする面も強く持っており、そこに注目すれば、レヴェックが主張した立場は、個人的な権利と集団的な権利を相互補完的に発展させるというアプローチと解釈できる。そこでは、個人的権利が絶え間なく変化し、その権利を定める上ですべての個人が参加できる政治制度が要請されている。以上のように、ケベック州が主張する言語権を再検討することで、マルチナショナル連邦制に正当性を付与することができるのではないか、というのが発表の趣旨であった。
(宮尾の要旨案を発表者荒木会員が加筆修正 4/28)
スポンサーサイト

AJEQ会員のお薦め情報:5月と6月のイベント

AJEQ会員のお薦め情報:5月と6月のイベント (4/25)

天野僖巳(ケベック州政府在日事務所):
5月と6月に東京にて開催される2つの舞台イベント(演劇とコンサ-ト)についてお知らせします。
1) ケベックのバイオリニスト Frederic Bednarz のコンサート、
日程:6月6日(金)
場所:武蔵野スイングホール(東京都武蔵野市中町3丁目9番11号)
http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/swing/top.html
アーティストのサイトは:www.fredericbednarz.com
2) 演劇「クロードと一緒に」
日程:5月14日~18日
場所:青山円形劇場(東京都渋谷区神宮前5-53-1)
ケベックの作家 Rene-Daniel Dubois(ルネーダニエル・デュボワ)の原作を舞台化したもので、1985年の執筆から30年を経て日本の俳優たちにより日本初上演。
翻訳はイザベル・ビロドー/三宅優、上演台本・演出は古川貴義。
詳細情報と写真:
http://www.aoyama.org/schedule/s2014/enkei/5claude/index.html
参考:学生が5人以上で切符購入の場合は、担当教官からの連絡があれば、平日昼に限り3200円(通常3900円)で購入可能。
(申込先:三宅優、メール yu-m3012@mte.biglobe.ne.jp)
以上

AJEQ会員のお薦め情報:フレデリック・バック追悼上映会

AJEQ会員のお薦め情報:フレデリック・バック追悼上映会 (4/18)

本ブログに、先日4月9日付で小倉和子AJEQ会長より「フランコフォニー映画祭」のお知らせがアップされましたが、その映画祭の一環として、4月19日(土)に「フレデリック・バック追悼上映(上映後、高畑勲監督によるティーチ・イン)」のイベントが行われることのお知らせが、ケベック州政府在日事務所からありましたので、ご参考までに以下にペーストいたします。なお場所は、アンスティチュ・フランセ東京(日仏学院・東京)です。

「4月19日(土)の日仏学院でのケベック映画のゆうべに関してお知らせいたします。フレデリックバックさんの2本のアニメ映画上映に続いて、バックさんのインタビュー映像(2012年夏撮影)の後、スタジオジブリの高畑勲監督がバックさんとの思い出などについてお話しされ、会場からの質問にもお答えいただきます。高畑監督がこのような席にご参加くださるのは珍しいことです。100席あまりの会場ですが、多くの方にご来場いただきたいと思っております。」

なお、この「フランコフォニー映画祭」(4月11日~4月26日)の詳細については、小倉会長のお知らせにありましたように以下のリンクをご覧ください。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1404110425/
また4月19日のフレデリック・バック追悼の映画と高畑監督参加のイベントについては、以下に詳しく載っています。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1404191800/
時間:18:00  開場:20分前  一般:1200円 学生:800円 会員:500円
場所:アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)新宿区市谷船河原町 15
以上、ご参考までに。(宮尾)

フランコフォニー映画祭のご案内

フランコフォニー映画祭のご案内(4/9)

4月11日から25日までアンスティチュ・フランセ東京でフランコフォニー映画祭が開催されます。
『ぼくたちのムッシュ・ラザール』、フレデリック・バック、『灼熱の魂』などのケベック映画も上映されます。
まだご覧になっていない方はぜひこの機会をご利用ください。
詳細はこちらです。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1404110425/

(小倉和子)

小畑精和先生追悼論集 投稿募集要項

小畑精和先生追悼論集
『異文化を紡ぐ文学-ケベック研究の可能性』(仮題)
投稿募集要項
(4/3)
締め切りました。投稿のご登録ありがとうございました。(5/10)

AJEQでは、初代会長小畑精和先生の追悼論集を出版することになりました。出版にあたり以下の3つのテーマに関する投稿論文を、AJEQ会員より募集いたします。
・ケベック研究の現在
・多様性の文学
・間文化主義の可能性
また、あわせて「研究ノート」(テーマは自由)の原稿も募集いたします。

投稿規程は、学会誌のものに倣います。字数制限に関しましては、学会誌規程の半分程度の見込みですが、掲載論文数により増減いたしますので、正式な字数制限に関しましては、投稿登録締め切り後に、登録者にお伝えいたします。なお、投稿論文、研究ノートともに、編集担当による査読を行います。

投稿登録締め切り    2014年5月10日(土)23時
投稿原稿提出締め切り  2014年7月18日(金)23時
出版予定        2014年11月22日(土) (小畑先生一周忌)

投稿ご希望の方は、
・お名前
・ご連絡先(メールアドレス)
・論文テーマ
・原稿種別(投稿論文・研究ノート)
を投稿登録締め切り(2014年5月10日(土)23時)までに、メールにて編集担当までお知らせの上、投稿登録を行ってください。

なお、投稿登録のメールは、
・タイトルを「AJEQ小畑先生追悼論集投稿登録」とし、
・TO: yamadey@meiji.ac.jp(編集担当 山出)
・CC: mirei091472@gmail.com (編集担当 関)
の2名の編集担当にお送りいただきますようお願い申し上げます。

※登録メール到着後、編集担当者より登録完了メールをお送りいたします。万一、48時間以内に登録完了メールが届かない場合、お手数ですが、再度、メールをお送りいただきますよう、お願い申し上げます。お手数をおかけいたしますが、メール未着等の事故防止のため、ご協力をお願いいたします。

ご不明な点などありましたら、上記編集担当メールアドレスまでご連絡ください。なお、投稿資格は、日本ケベック学会会員の方に限らせていただきます。投稿をお待ちしています。
編集担当 (山出、加納、関)
プロフィール

AJEQ: www.ajeqsite.org/

Author:AJEQ: www.ajeqsite.org/
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。