AJEQの公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJEQ会員の活動報告とお薦め情報

AJEQ会員の活動報告とお薦め情報(10/25)

立花英裕(早稲田大学、在モンレアル):
最近発表したフランス語圏文学関係記事
最近、以下の記事を発表いたしましたので、お知らせいたします。
どれもフランス語圏文学を扱っていますが、雑誌『環』に発表したものは、ダニー・ラフェリエール『吾輩は日本作家である』に触れています(なお、この小説については、野崎歓氏が10月29日付「北海道新聞」に、鹿島茂氏が「週間文春」10月30日秋の特大号に書評を書いてくださいました)。
・「世界文学としてのエメ・セゼールを読む(上)」 『現代詩手帖』 9月号、pp.135-143。
・「世界文学としてのエメ・セゼールを読む(下)」 『現代詩手帖』10月号、pp.140-147。
・「もはや、日本はオリエンタリズムの世界ではない-世界文学の中のフランス語圏文学、世界文化の中の日本文化」『環』vol. 59/autumn、藤原書店、2014年10月、pp.76-80。
-----------------------------------------------------------------------------
大石太郎(関西学院大学):
来る11月13日(木)の夕方、東京の日仏会館にニューカレドニアおよび「海外の
フランス」を専門とする地理学研究者がフランスから招かれ、講演会が行われま
す。そして、日仏地理学会からの推薦で、数年前にニューカレドニアの日本人移
民の調査に従事した経験のある私が、力不足ながらディスカッサントを務めるこ
とになってしまっております。招聘研究者のGay先生はニューカレドニアに長く
滞在した経験があるようで、Belinの地誌シリーズで「海外のフランス」の巻を
執筆されています(2008年刊)。カリブ海のフランス領の調査もされていて、た
とえばAnnals of Tourism Researchに英語の論文を発表されているように、観光
・ツーリズムがメインの研究テーマで、観光についても単著を出されています。

[ 講演会 ]ニューカレドニア、変貌する領土
使用言語:フランス語 (同時通訳付き)
時:2014年11月13日(木) 18:30 - 20:30
場所:日仏会館1階ホール
講演者:ジャン=クリストフ・ゲイ (ニース大学)
【ディスカッサント】 大石太郎(関西学院大学)
【主催】 日仏会館フランス事務所
【後援】 日仏地理学会
(要事前申し込み)
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2014/11/13/20141113_jeanchristophe_gay/index_ja.php
-----------------------------------------------------------------------------
片山幹生(早稲田大学):
ケベック関連の舞台と映画作品の情報です。
■舞台『ポリグラフ:嘘発見器』
日程:2014年10月19日 (日) ~2014年11月02日 (日)
会場:シアターイースト
作・演出、構想・脚本:マリー・ブラッサール/ロベール・ルパージュ
翻訳:松岡和子
演出:吹越 満
出演:森山開次、太田 緑 ロランス、吹越 満
http://www.international.gouv.qc.ca/ja/tokyo/activite/16213
ケベックの劇作家・演出家、ルパージュの舞台作品の公演です。1987年に初演、1996年には毬谷友子主演、ルパージュ演出の日本版の公演がありました。今回の公演は吹越満演出の2012年の舞台の再演です。モンレアル、ケベック、そしてベルリンの三つの都市が舞台とする幻想的なサスペンス劇です。ルパージュっぽいユニークで多彩な映像表現と舞台表現の混合が作り出すビジュアル、世界的なダンサーである森山開次の卓越した身体表現が見どころです。モダンでかっこいい舞台ですが、東京公演では残念ながら空席がかなりありました。
11月には広島と札幌でも公演があります。
   11月11日(火)19:00開演
   アステールプラザ中ホール(広島)
   11月19日(水)19:00開演
   札幌市教育文化会館大ホール
--------
■映画『トム・アット・ザ・ファーム』
監督・脚本・主演・編集・衣装:グザヴィエ・ドラン
原作・脚本:ミシェル=マルク・ブシャール
http://www.uplink.co.jp/tom/
ケベック映画界の若き俊英、グザヴィエ・ドランの新作の公開がはじまりました。前作『わたしはロランス』のヒットで、今作では公開館も拡大し、全国30箇所以上での上映となりました。試写会での評判も大変良いようです。
原作のミシェル=マルク・ブシャールは、現代のケベックを代表する劇作家の一人で、彼の作品はフランス語圏のみならず、英語圏、スペイン語圏でも上演されています。また日本では劇団スタジオライフがブシャールの『LILIES』と『孤児のミューズたち』を上演し、特に『LILIES』はスタジオライフの主要レパートリーとして再演を重ねています。
ブシャールは映画版の脚本にも関わっています。この映画作品についてのブシャールのインタビューが以下のサイトに掲載されています。
http://www.webdice.jp/dice/detail/4446/

スポンサーサイト

AJEQ 2014年全国大会: Congrès annuel de l'AJÉQ-2014

AJEQ 2014年全国大会: Congrès annuel de l'AJÉQ-2014 (10/13)

2014 年 10 月 12 日(日): Dimanche 12 octobre 2014
会場:立教大学 マキムホール M201 教室: Lieu: McKim Hall M201 Université Rikkyo
大会プログラム Programme
10:00-10 :15 開会 Ouverture
開会の辞 小倉和子会長(立教大学): OGURA Kazuko (Université Rikkyo)
挨拶 クレール・ドゥロンジエ代表(ケベック州政府在日事務所): Claire DERONZIER (Déléguée générale du Québec au Japon); 代理 天野僖巳(文化教育担当官): AMANO Kimi (Attachée culture et éducation)
141012a16.jpg 141012b16.jpg
10:15-11 :45 自由論題セッション Communications
司会 Modératrice:山出裕子(明治大学): YAMADE Yuko (Université Meiji)
(1)「1950-1960年代のラジオ・カナダによる芸術音楽放送―ヨーロッパ現代音楽を中心に」
La diffusion de la musique classique par la Société Radio-Canada dans les années 1950-1960 : autour de la situation de la musique contemporaine européenne
平野貴俊(東京芸術大学大学院): HIRANO Takatoshi (Université des Arts de Tokyo)
(2) 「ケベコワの多くは本当にラシストなのか?―間文化主義の現在を問う」
La majorité des Québécois sont-ils vraiment racistes ? ― Revoir la situation présente de l’interculturalisme au Québec
丹羽 卓(金城学院大学): NIWA Takashi (Université Kinjo Gakuin)
(3) Révolution tranquille 10 ans après : Évolution et transformation au cinéma québécois
「静かな革命の10年後―ケベック映画における進展と変容」(フランス語)
PARK Heui-Tae(Université de Korea): パク・ヒテ(高麗大学)
141012e16.jpg 141012g16.jpg
13 :00-14 :15 基調講演 Conférence
L’étrangeté des rapports entre le Québec et les communautés francophones en milieu minoritaire : perspectives historiques
「ケベックとフランコフォンの少数派共同体との奇妙な関係―歴史的観点から」(フランス語)
講演者 Marcel Martel (Université York): マルセル・マルテル(ヨーク大学歴史学部教授)
司会・通訳 Présentatrice & Interprète:小松祐子(筑波大学): KOMATSU Sachiko (Université de Tsukuba)
141012q16.jpg 141012r16.jpg
14 :30-16 :30 シンポジウム「フランコフォニーとケベック」
司会・コーディネーター Modérateur & Coordinateur:長谷川秀樹(横浜国立大学): HASEGAWA Hideki (Université nationale de Yokohama)
コメンテーター Commentatrice:
クレール・ドゥロンジエ代表(ケベック州政府在日事務所): Claire DERONZIER (Déléguée générale du Québec au Japon); 代理 マルク・ベリヴォー(広報担当官): Mark BELIVEAU (Ataché aux affaires publiques)
(1)「フランス語圏内で存在感を増すケベック-国際フランス語記者連合(UPF)
の視点から見て」
Le Québec, poids lourd au sein de la francophonie, vu par l’UPF (Union internationale de la presse francophone)
谷口 侑(ジャーナリスト 国際フランス語記者連合(本部在パリ)国際委員会委員): TANIGUCHI Susumu (journaliste, membre du comité international de l’UPF)
(2)「フランス語は本当にビジネスに適していないのか?」
Le français ne convient-il pas à la communication des affaires ?
瀬藤澄彦(帝京大学): SETO Sumihiko (Université Teikyo)
(3) 「chocolat ポッドキャストでフランコフォンをめぐる」
La francophonie dans les sujets du podcast Chocolat !
ボブ・レナス(redたんぽぽ有限会社 プロデューサー): Bob LEENAERS (redTanpopo, producteur)
141012u16.jpg 141012w16.jpg
参考: 他の写真および州政府在日事務所からのコメントについては、以下の「AJEQ写真集ブログ」を参照:
http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2014-10-13
(Photos: Miyao)
------------------------------------------------------------------------------------
参加者の集合写真(安田会員撮影):Photo des participants (Photo: Yasuda)
141012Y10AJEQPhoto60.jpg
------------------------------------------------------------------------------------

お知らせ:マルセル・マルテル教授の講演会

お知らせ:マルセル・マルテル教授の講演会(10/7)

10月12日(日)の立教大学のAJEQ全国大会で基調講演をされるマルセル・マルテル氏(ヨーク大学歴史学部教授)が、以下の通り10月14日に神田外語大学で、また10月16日に明治大学で、さらに10月21日に阪南大学で講演会を行いますので、お知らせいたします。
以下開催日時順にリストしますが、各会場の収容人数に限りがありますので、参加ご希望の方はそれぞれの連絡先にご確認ください。

1.神田外語大学「GCIキャンパス・レクチャー・シリーズ」での講演
日時:10月14日(火)15:10~16:40
講師:マルセル・マルテル教授
使用言語:英語(便宜、日本語による解説あり)、司会・解説:矢頭典枝(神田外語大学英米語学科准教授)
テーマ:「カナダのマリファナ問題―1960年代から続く熱い議論」
場所:神田外語大学 講演会場:4号館301教室
アクセス: http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/access/
参加費:無料、ただし収容に限りがありますので、参加希望者は必ず以下までご連絡ください。
連絡先:矢頭典枝会員
この講演会の詳細とポスターは以下をご覧ください。
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/kuis_news/detail/0515_0000002380.html

2.明治大学「現代のケベック講座2014」(政治経済学部開講科目)での講演
日時:10月16日(木)14:40~16:10
講師:マルセル・マルテル教授
使用言語:フランス語・逐次通訳付き、司会・通訳:山出裕子(明治大学兼任講師)
テーマ:「公用語問題をめぐって―カナダの経験から何を学ぶか」
場所:明治大学駿河台校舎リバティータワー 講演会場:7階1073教室
アクセス・キャンパスマップ: http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/
参加費:無料、聴講自由。
連絡先:山出裕子会員

3.阪南大学公開講演会
日時:10月21日(火)13:10~14:40
講師:マルセル・マルテル教授
使用言語:フランス語・逐次通訳付き、司会・通訳:真田桂子(阪南大学流通学部教授)
テーマ:「北米のフランス語圏―知られざる民族の歩み」
場所:阪南大学本キャンパス(大阪府松原市天美東5-4-33) 講演会場:832教室
アクセスマップ:http://www.hannan-u.ac.jp/access/mrrf430000003cq1.html
参加費:無料、どなたでも参加できます。
連絡先:AJEQのメンバーで、この阪南大学での講演会に参加ご希望の方は、以下までご連絡ください。
真田桂子会員:sanada(アットマーク)hannan-u.ac.jp
この講演会の詳細とポスターは、以下のリンクをご覧ください。
http://www.hannan-u.ac.jp/lifelong/mrrf430000012343.html

以上(文責:宮尾)
プロフィール

AJEQ: www.ajeqsite.org/

Author:AJEQ: www.ajeqsite.org/
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。