AJEQの公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月4日 AJEQ研究会

7月4日 AJEQ研究会報告 (7/12)

日時:7月4日(土)16:00-18:30
場所:立教大学1号館1201教室

1 矢頭典枝(神田外語大学)、古地順一郎(北海道教育大学)
「2015年度AJEQ大会ワークショップ勉強会:州民投票から20年―ケベック内政を振り返る」
2 河野美奈子(立教大学大学院)、佐々木菜緒(明治大学大学院)
「人を殺すまで—A. エベールとM. デュラスの文学作品に転化された実在事件に関する比較研究」
          
1.矢頭会員・古地会員の発表
 この発表は、2015年度AJEQ大会で予定されているワークショップ「州民投票から20年ーケベック内政を振り返る」の勉強会を兼ねたものであった。
 まずはじめに、矢頭会員より、1995年の州民投票に至る過程の歴史が紹介された。1995年のケベックの主権を問う州民投票では投票率が93%と高く、ケベックの人々の関心が非常に高かったとの指摘があった。また、1995年の州民投票に至った過程として、1982年のカナダ憲法への署名をケベックが拒否したこと、1987年のミーチレーク合意や1992年のシャーロットタウン合意が廃案になったことなどを背景に、ケベックが主権を主張する機運が非常に高まっていたことが詳しく説明された。また、当時のケベック党のブシャール党首によるケベックの主権構想やカナダとのパートナーシップ構想などについて説明がなされた。
 続いての古地会員の発表では、最新のケベックについてのニュースをもとに、州民投票から20年経ったケベックの政治的状況が説明された。まずは、近年のケベックの状況として、ケベック党のぺラドー党首とケベック連合のデュセップ党首のそれぞれの主張が紹介された。また、州民投票以降の「ケベック主権」支持率の調査について、反対派が賛成派を上回っている状態が続いているとの説明があった。さらに今後は、急進派が後退していくことが予想されること、そして左右共同戦線の状態が築けるかど
うかが注目されるとの指摘があった。また、ケベックの人々のアイデンティティに関して、より包摂的な言説が展開されるかどうかも注視していきたいとのことであった。

DSC00281.jpg


DSC00286.jpg


2.河野会員・佐々木会員の発表
 この発表は、ケベック生まれの作家アンヌ・エベールと仏領インドシナ生まれのマルグリット・デュラスの作品において実在の事件をもとにした小説を比較分析したものであった。
 はじめに、佐々木会員によるアンヌ・エベールの作品『シロカツオドリ』についての分析があった。まず、この作品で起こる事件と、実際に1933年にケベックで起こった「アズカー事件」と呼ばれる二人の少女が行方不明になった事件についての類似点と相違点が検証された。そこから、実在の殺害事件をもとにつくられたエベールの作品は、何が「人を殺す」という行為に至らせたのかが重要な要素となっているとの指摘があった。
 続いて、河野会員によるデュラスの『ヴィオルヌの犯罪』の分析があった。まず、実際に起こった様々な事件とデュラスの作家活動の関係が時系列に沿ってまとめられた。その上で、1949年におこった「ラビュー事件」とデュラスの作品『ヴィオルヌの犯罪』が比較検証された。またこの作品の背景として、デュラスが犯罪を書くということに対してどのような立場を取っていたかが、インタビューなどをもとに分析された。
 最後にこの比較研究のまとめとして、三面記事をもとに文学作品を描く二人の女性作家についての比較検討がなされた。エベールの方は社会的一面を描き、デュラスの方は人間の内面の普遍性を描こうとしているのではないか、との指摘がなされた。

DSC00287.jpg

DSC00283.jpg

(文責・写真撮影 : 山出裕子)

スポンサーサイト

会員の活動報告とお薦め情報

会員の活動報告とお薦め情報(7/5、7/6、7/16 改定)

片山幹生(早稲田大学):ルパージュの舞台の公演情報です。
ロベール・ルパージュの『Needles and Opium 針とアヘン~マイルス・デイヴィスとジャン・コクトーの幻影~』が、2015年10月9日(金)~12日(月・祝)、世田谷パブリックシアターで上演されます。
『シアターガイド』のウェブページに公演の紹介があります。予告編映像も見ることができます。
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2015/07/09_02.php
チケットは7/12から発売されています。
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2015/10/needles_and_opium.html
--------------------------------------------------------------------------
大石太郎(関西学院大学):
日本地理学会第三機関誌E-journal GEOにカナダの国勢調査に関する解説記事を寄稿しました。
カナダではカナダ統計局が統計調査業務をほぼ一手に担っており,ケベックを含む各州や各自治体も行政上必要とする情報の多くを国勢調査に依存していますので,ケベック研究にも関わる内容です。
以下のウェブサイトより自由に全文ダウンロード可能です。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ejgeo/-char/ja/
--------------------------------------------------------------------------
立花英裕(早稲田大学):モンレアル関係の情報を2つお知らせいたします。
1.モンレアル大学での電子出版
昨年秋、モンレアル大学ミシェル・ピエルサンス教授のゼミ「女性をめぐる知」で私(立花英裕)が行った発表が電子媒体で刊行されたので、お知らせします。 "Les savoirs des femmes"のサイトを検索し、publicationsのページに入ると、拙論がダウンロードできます。近代日本の成立とそこで活躍した日本女性を紹介しました。川上貞奴、与謝野晶子、平塚らいてうを取り上げています。
http://savoirsdesfemmes.org/public_html/?page_id=161
Une petite conférence intitulée " La jeune fille et la modernité au Japon" que Hidehiro Tachibana a donnée l'année dernière lors de la journée d'étude 2014, organisée par le professeur Michel Pierssens à l'Université de Monréal vient d'être publiée électroniquement. Vous pouvez télécharger le texte que vous trouverez sur le site "Les savoirs des femmes"(page: publications).
2.モントリオール大学リーズ・ゴーヴァン名誉教授叙勲のお知らせ
AJEQ年次大会参加のため来日したことがあるモントリオール大学リーズ・ゴーヴァン名誉教授が2015年6月16日叙勲されました(officière à l’Ordre national du Québec)。心よりお祝い申し上げます。リーズ・ゴーヴァンさんは、ケベック文芸アカデミー会員でもあります。
Toutes nos félicitations pour la nommination de la professeure émérite Lise Gauvin à l'Ordre national du Québec!
Communiqué du 15 juin 2015 – Trente-cinq personnalités québécoises nommées ou promues à l’Ordre national du Québec, le 15 juin 2015. – Le premier ministre du Québec, M. Philippe Couillard, est fier d’annoncer que trente-cinq personnes seront honorées de l’un des trois grades de l’Ordre national du Québec. Les récipiendaires seront décorés le mardi 16 juin prochain, lors d’une cérémonie qui se déroulera à la salle du Conseil législatif de l’hôtel du Parlement.
http://www.premier-ministre.gouv.qc.ca

会員の活動報告とお薦め情報

会員の活動報告とお薦め情報(7/3)

立花英裕(早稲田大学):書評。
『英語教育』2015年2月号に金谷武洋先生の著作について小さな記事を書きました。
立花英裕「〈リレー連載〉私の本棚-英語を相対化する鋭い言語感覚」『英語教育』 2015年2月号 vol.63 no.12, p.92。
---------------------------------------------------------------------------
立花英裕(早稲田大学):フランコフォニー関係ワークショップ開催のお知らせ。
早稲田大学で次のようなワークショップを開催いたします。よろしかったら、どうぞいらしてください。

早稲田大学現代フランス研究所(ICF)主催ワークショップ:
フランスとカリブ海域を学ぶ-戦後70年、マルティニク島の変貌-
【講師】立花英裕(早稲田大学法学学術院教授・現代フランス研究所員)/ルイ=ソロ・マルティネル(早稲田大学講師)/フランソワ・レジナ(日本・マルチニーク・グアドループ協会)+留学生
【司会】塚原史(早稲田大学法学学術院教授・現代フランス研究所長)
【日時】2015年7月6日(月)16時30分~19時10分 (開場16時) 
【会場】早稲田大学早稲田キャンパス 26号館地下多目的講義室
 
【対象】学生・大学院生・教職員・一般 【言語】日本語(一部フランス語 通訳付) 【参加方法】入場無料・直接会場へ
プログラム:
16 :30 - 16 :45  はじめに.............塚原史
16 :45 - 17:15  マルティニクの自然と社会.....立花英裕
17:15 - 17:50   マルティニクから見たフランス...ルイ=ソロ・マルティネル
17: 50 - 18: 00  質疑応答
18:00 - 18:15   休憩
18:15 - 18:45   マルティニクの教育・文化と若者たち...フランソワ・レジナ+留学生
18:45 - 19:10   質疑応答・まとめ
フランスの海外県マルティニクからの留学生も参加するワークショップです。1492年、コロンブスが西廻り航海で到達したカリブ海域は、きわめて早い時期から人や物が外部から大量に持ち込まれ、特異な「近代化」を体験しました。カリブ海島嶼部は先駆的にグローバル化された地域なのです。このワークショップでは、フランスの海外領土政策を考える上でも重要なマルティニク島を取り上げ、第二次世界大戦以降、フランスの政策の転換と共に旧植民地がどのように変貌し、どのような社会が形成されつつあるかを、様々な側面から検討します。奴隷制の植民地という記憶をいまだに引きずっている島が抱える問題だけでなく、今回は、マルティニクからの短期留学生に現代の若者について語ってもらい、この変化に富んだ島の魅力にも触れる予定です。
THE WASEDA INSTITUTE FOR CONTEMPORARY FRENCH STUDIES (ICF)
présente

France et Antilles - 70 ans de Martinique dans sa métamorphose-
Lundi, 6 juillet 2015, 16h30-19h10 Bâtiment 26, salle Tamokuteki-kogisitsu (sous-sol)
ENTRÉE LIBRE
Intervenants:Hidehiro Tachibana (Université Waseda)
Louis-Solo Martinel (Université Waseda)
François Régina (Association Japon-Martinique-Guadeloupe)
Modérateur : Fumi Tsukahara (Université Waseda)
PROGRAMME :
16 :30 – 16 :45 Présentation :Fumi Tsukahara (Message inaugural de WASEDA ICF)
16 :45 – 17:15 Martinique : environnement et société : Hidehiro Tachibana
17:15 – 17:50 Martinique et Hexagone : Louis-Solo Martinel
17: 50 – 18:00 Qustions-réponses
18:00-18:15 Pause
18:15-18:45 Enseignement/culture et jeunesse martiniquaise : François Régina
18:45-19:10 Conclusion
プロフィール

AJEQ: www.ajeqsite.org/

Author:AJEQ: www.ajeqsite.org/
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。