AJEQの公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会員の活動報告とお薦め情報

会員の活動情報とお薦め情報(10/23、10/28 改定)

Raoul Holland (Universite Nanzan: 南山大学):
Chers collègues, bonjour de Nagoya.
Je vous joins un lien qui pourrait intéresser certains membres et que j’ai reçu d’un ami québécois, universitaire et spécialiste du cinéma japonais, Monsieur Claude BLOUIN.
Amicalement à vous toutes et tous ! --- Raoul Holland
https://www.pulaval.com/produit/le-cinema-japonais-et-la-condition-humaine
En librairie début novembre, le dernier essai de Claude R. Blouin,
LE CINÉMA JAPONAIS ET LA CONDITION HUMAINE.
L’auteur y raconte comment il en est venu à se consacrer à l’étude de ce cinéma et exprime, en de multiples façons, tout ce qu’il lui doit. Il trace aussi quelques portraits de la culture japonaise susceptibles d’éclairer le regard que nous portons sur les films japonais que nous avons la chance de voir au Québec. L’ouvrage constitue enfin un vaste témoignage de la façon dont le cinéma japonais peut nous aider à voir et comprendre la condition humaine. (André Baril)
---------------------------------------------------------------------------------
宮尾尊弘(筑波大学):AJEQの「日本とケベックの文化交流」(Le Japon et le Québec)のサイト(https://sites.google.com/site/japonetquebec/)に以下のインタビュービデオが掲載されましたのでお知らせいたします。
1. La culture populaire et traditionnelle ポップカルチャーと伝統文化
1-1 コルベイユ スティーブ Steve Corbeil:
(Français) La réception de la culture visuelle Japonaise au Québec:
https://youtu.be/rr1y5pohkLc
1-2 ペルティエ ジャン-マルク Jean=Marc Pelletier: (Français) Les jeux pour téléphones portables japonais et le syndrome des Galapagos:
http://www.japon-quebec.org/pelletier/
1-3 沼田貞昭 MUMATA Sadaaki: Introduire la culture japonaise
http://www.japon-quebec.org/numata/
(Anglais) Introducing Japanese culture: https://youtu.be/5UVuCRDQZEk 
(Japonais) 日本文化の紹介:https://youtu.be/IzF6YSJq4OM
2. Les gens et la société 人と社会
2-1 ピロット セバスチャン Sebastien Pilotte:
(Français) La mode, le cyclisme, le benévolat et la famille:
https://youtu.be/pAPxQCecpoc
2-2 ラヴォワ-ガ二オン クリスティヌ Christine Lavoie-Gagnon:
(Français) Monter son enterprise au Japon: 
https://youtu.be/sztGUNi7-pY
(Japonais) 日本での起業とボランティア活動について: https://youtu.be/0Vl_uY2MUcU
Introduction 序文
さらに、ドゥロンジエ代表から、州政府在日事務所のFacebookの記事を、以下のように「Introduction:序文」として転載することの許可をいただきました。
ドゥロンジエ クレール Claire Deronzier: (Français 日本語) Introduction 序文:
http://www.japon-quebec.org/deronzier/
詳細は以下のウェブサイトを参照:
https://sites.google.com/site/japonetquebec/
---------------------------------------------------------------------------------
伊達聖伸(上智大学):セルジュ・カンタン教授の講演会(11月16日 於上智大学)についてお知らせいたします。
「袋小路に陥ったケベックの主権主義~ケベック独立運動は終わったのか~」
セルジュ・カンタン教授(ケベック大学トロワ=リヴィエール校哲学・芸術学科教授)
2015年は、ケベックの主権獲得をめぐる2回目の州民投票から20年になりますが、近年では3回目の州民投票が起こる兆しはありません。この20年の間に何が起こったのでしょうか。セルジュ・カンタン教授が、ケベック問題の今を論じます。
日時:2015年11月16日(月) 17時~18時30分
場所:上智大学四谷キャンパス 9号館 255教室
言語:フランス語(日本語の通訳と解説付)
主催:上智大学外国語学部フランス語学科、上智大学アメリカ・カナダ研究所
後援:日本ケベック学会
問合せ先:フランス語学科事務室 (03)3238-3744
参加自由、Sophia Open Research Weeks 2015 参加企画
参考http://dept.sophia.ac.jp/is/amecana/lecturemeeting/2818/
---------------------------------------------------------------------------------
Sophie Palvadeau (RHDCC, Québec): Chers collègues
J'ai pensé que ceci pourrait vous intéresser, même s'il ne s'agit pas directement d'œuvres québécoises.
http://www.franceinter.fr/depeche-toutes-les-oeuvres-des-musees-francais-en-ligne-et-faciles-a-partager
Bien cordialement
Sophie Palvadeau
---------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

「ソウル舞台芸術見本市」(PAMS)の参加報告(安田 敬)

「ソウル舞台芸術見本市」(PAMS)の参加報告 安田 敬 (10/20)

 韓国ソウルに10月の6日から10日まで行ってきました。
 「ソウル舞台芸術見本市」(PAMS)ではそれほど目新しい動きはありませんでしたが、熱気を感じたのは、韓国のダンサーたちのパフォーマンスで、すっかり押され気味でした。韓国のダンスの躍進ぶりは目ざましいものがありますが、それは日本と違ってダンスを「ビジネス」としてとらえているので成功したのだと思います。それに対して、日本では特にダンス業界でさえも「アート」だという意識が強く、お金にならない・・・・。それでも90年代には日本はダンス業界にたいして企業スポンサーたちがいましたが、21世紀に入りこの不況でさびしいかぎりです。一方、ソウルは背水の陣で官民挙げて対応しているので強いですね。
 このイベントは開催して10年たちましたが、これからが正念場と思います。経済状況に大きく左右されます。昨年は国立劇場が会場でしたが、今回のブースはソウル中心にある豪華なマリオットホテルでした。別会場の大学のホールにて、ケベック州政府のソウル事務所(代表 Chung-Yoll Yoo氏)が、韓国、日本、ケベック間のネットワーキング・レセプションを主催。現地のプロデューサー、女優など劇場関係者らが、さらにAJEQ全国大会にこれまで参加したことのあるJi-Soon Leeさん(2011年大会)、Kaya Leeさん(2015年大会)も出席、再会しました。またケベック舞台芸術関係者11人ほど、さらに日本からは顔見知りの舞台関係者が7人ほど来ていました。州政府在日事務所の久山友紀さんが、私を含めて日本からの来訪者を一人一人紹介しました。会は50人ほどの参加者で大変盛況でした。
 この状況からも推察されるように、劇場関係については、ケベックは東京よりもソウルに軸足を移しているようで、これはケベックにかぎらず、例えばドイツ文化センターも東京よりソウルや北京に活動をシフトさせています。
 この間、日本では新国立競技場、エンブレム・ロゴなどの失敗、また最近ではマンション建設の手抜きなど、日本の土台の杭が足りないと感じています。さらに人材不足ですね。はたして日本はこのままでいいのか・・・・。
*2010年度のデーターですが国家予算に占める文化予算の割合はフランスが1.06%、韓国は0.81%、日本は0.11%(1,020億円)。GDP世界第3位にふさわしいとは言えないのではないでしょうか
参考:
「ソウルの舞台芸術見本市にケベックのブース出展 日本のパートナーとも交流」ケベック州在日事務所
http://www.international.gouv.qc.ca/ja/tokyo/actualites/13233?pReturnUrl=%2Fja%2Ftokyo%2Factualites%3Frp%3D10501%26noLang%3D5%26year%3D-1%26sec%3D-1%26idRegr%3D-1%26page%3D5
「ソウル舞台芸術見本市(PAMS)」国際交流基金
http://www.performingarts.jp/J/calendar/201510/s-01580.html

以下がソウル舞台芸術見本市の様子(撮影:安田敬)
YasudaSeoulB10.jpg

YasudaSeoulA10.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

マリー・マカンドルー教授講演・セミナー報告・ Rapports sur les conférences de la professeure Marie Mc Andrew

マリー・マカンドルー教授(モンレアル大学教育学部)講演・セミナー報告
Rapports sur les conférences de la professeure Marie Mc Andrew (Université de Montréal)
(10/10)

1.早稲田大学(10月5日) Université Waseda
« La Communauté musulmane et l’éducation au Québec : Controverses et adaptation mutuelle »
(ケベック州におけるイスラム共同体と教育行政:論争と相互適応)(フランス語、司会・通訳:立花英裕)
日時:10月5日(月)18:15~19:45
会場:早稲田大学 26号館(大隈タワー)地下1階多目的講義室

AJEQTachi40.jpg

Le 5 oct. 2015, on a accueilli la professeure Marie Mc Andrew à l'Université Waseda. Sa conférence « La Communauté musulmane et l’éducation au Québec : Controverses et adaptation mutuelle » a été pour les étudiants de Waseda une très belle occasion pour comprendre ce qu'est l'interculturalisme québécois. Nous remercions l'Association internationale des Études québécoises d'avoir financé le voyage de Mme Mc Andrew, professeure à l'Univeristé de Montréal.
10月5日(月)、マリー・マカンドルー教授を早稲田大学にお迎えして、講演していただいた。マカンドルー教授は、豊富なデータを駆使した緻密な分析をとても分かりやすく展開し、専門家にとってもたいへん有益だった。ケベック州のインターカルチュラリズムが世界の注目を集めているのがよく分かった。教授は、気さくで開放的な話し方をする方で、最後まで聴衆を惹きつけていた。(文責:立花英裕)
---------------------------------------------------------------------------------
2. 東京大学(10月7日) Université de Tokyo
« L’éducation peut-elle transformer la société? un bilan critique de l’expérience québécoise »(教育は社会を変えられるか―ケベック州の経験をめぐる批判的な総括)(フランス語、司会・通訳:増田一夫)
日時:10月7日(水)18:00~20:00
会場:東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム2

AJEQTachib225.jpg AJEQTachib328.jpg

Le 7 octobre 2015, la professeure Marie Mc Andrew a été invitée à l’Université de Tokyo par le professeur Kazuo MASUDA. Après avoir présenté clairement l’histoire moderne du Québec, elle a insisté sur le grand rôle que jouent les écoles pour réaliser une société interculturelle.
10月7日(水)、マリー・マカンドルー教授は増田一夫会員の招きにより東京大学で標記のセミナーを行った。教授はケベックの現代史を明快に跡づけたあと、1970年代以降、さまざまな出自の移民の子弟を受け入れるようになった学校が社会の変革のために果たしてきた役割を分析した。現在、その試みは大いに成功しているといえるが、移民が集中し、間文化が加速しているモンレアルと、比較的均質性を保っている地方都市とのあいだで人々の意識の隔たりが増大し、それが間文化主義やライシテをめぐる熱い議論を呼び起こしているとの指摘があった。参加者は教授の潑剌とした話しぶりに熱心に耳を傾け、質疑応答も活発に行われた。(文責:小倉和子)
----------------------------------------------------------------------------------
3. 明治大学(10月8日) Université Meiji
« L'interculturalisme au Québec : modèle normatif, ambiguïtés et tensions » (ケベックの間文化主義:規範モデル、多義性、そして緊張)(英語・フランス語、司会・通訳:山出裕子)
日時:10月8日(木)14:40~16:10
会場:明治大学駿河台校舎リバティータワー7階(1073教室)

AJEQTachib450.jpg

Le 8 octobre 2015, on a invité la professeure Marie Mc Andrew à l’Université Meiji. Cela était dans le cadre du cours sur « le Québec contemporain » et il y avait une centaine d’étudiants. Elle a expliqué clairement la situation de l’interculturalisme au Québec et a aussi présenté quelques débats sur l’interculturalisme québécois.
10月8日(木)、明治大学の「ケベック講座」にマリー・マカンドルー教授をお迎えした。100人程度の学生が熱心に先生の講演に聞き入った。マカンドルー教授は、フランスのジャコバン主義や英系カナダの多文化主義との違いを明らかにしながら、ケベックの間文化主義の特徴をわかりやすく説明した。さらに、最近見られるいくつかの例を挙げながら、間文化主義の直面する問題点を指摘した。講義の後は、学生たちからの質問に対して、フランス語や英語で丁寧に応対してくださった。(文責:山出裕子)
--------------------------------------------------------------------------------

AJEQ 2015年全国大会: Congrès annuel de l'AJÉQ-2015

AJEQ 2015年全国大会: Congrès annuel de l'AJÉQ-2015 (10/3) 

2015 年 10 月 3 日(土): Samedi 3 octobre 2015
会場:跡見学園女子大学(文京キャンパス)2号館4階2401教室:
Lieu: Université Atomi, Otsuka, Bunkyo-ku, Tokyo; Pavillion 2, Salle 2401

挨拶:クレール・ドゥロンジエ代表(ケベック州政府在日事務所): Claire DERONZIER (Déléguée générale du Québec à Tokyo)
小倉和子AJEQ会長(立教大学): OGURA Kazuko (Présidente de l’AJEQ, Université Rikkyo)
AJEQBlogA12.jpg AJEQBlogB12.jpg

基調講演 Conférence
L’intégration scolaire des immigrants et l’éducation interculturelle au Québec : contexte, débats, résultats(ケベックの学校における移民の統合と間文化的教育:その背景・議論・成果)
マリー・マカンドルー教授(モンレアル大学):Marie MC ANDREW (Université de Montréal)
AJEQBlogC12.jpg AJEQBlogD12.jpg

シンポジウム Symposium「間文化主義再考」
L’interculturalisme aujourd’hui : quelques réflexions sur sa naissance, son développement et ses polémiques
飯笹佐代子(東北文化学園大学)IIZASA Sayoko (Université Tohoku Bunka Gakuen), スティーヴ・コルベイユ(静岡大学)Steve CORBEIL (Université de Shizuoka), 曽田修司(跡見学園女子大学)SOTA Shuji (Université Atomi), 廣松勲(法政大学)HIROMATSU Isao (Université Hosei)
AJEQBlogE23.jpg

全国大会写真集:http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2015-10-03
全国大会写真集(改定版):http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2015-10-04
------------------------------------------------------------------------------
プロフィール

AJEQ: www.ajeqsite.org/

Author:AJEQ: www.ajeqsite.org/
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。