AJEQの公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月28日 AJEQ研究会報告

11月28日 AJEQ研究会報告(11/28)

日時:11月28日(土)16:00~18:30
場所:立教大学 5号館 5126教室

1 佐々木菜緒・仲村愛(明治大学大学院)
「静かな革命前後のケベック人意識:文芸雑誌にみるネイション意識と過去」
2 片山幹生(早稲田大学)
「現代ケベック演劇の日本公演について:ブシャール、ムワワド、ルパージュの三人の劇作家の作品を中心に」
          
1 佐々木菜緒会員・仲村愛会員の発表
本発表では、ケベックにおける「静かな革命」の意味と「ネイション意識」の変容を文芸雑誌を通して明らかにする第一歩として、「静かな革命」という代名詞の由来の再考、および研究対象とする3つの雑誌の要旨について報告を行った。
まず、「静かな革命」という表現は、最初にGlobe and Mailの記者が記事の中で使用したのが起源という通説には根拠がなく、それより以前の1950年代から、特にアメリカで様々な意味でよく用いられていたことが明らかにされた。
次に、ケベック史における転換点の1950~70年代を代表する3誌(Cité libre, Liberté, Parti pris)の概要が説明され、なかでもParti pris誌が短命であったにもかかわらず(1963~68年)、特に「政治革命」や「ネイション意識」を強調して政治的なアクションを主張したという意味で、重要な役割を果たしたことが指摘された。今後さらに研究を進めて、所期の目的の達成を目指すとのことであった。
質疑応答では、Parti pris誌がどのような形で終息し、解消されたのかを詳しく研究することが、その後の政治運動やネイション意識の変容についてヒントを与えてくれるのではないかといった意見などが出された。

151128b8.jpg 151128a.jpg
151128c.jpg 151128d.jpg

2 片山幹生会員の発表
本発表では、ケベック出身の3名の劇作家(ロベール・ルパージュ、ワジディ・ムワワド、ミシェル=マルク・ブシャール)について、最近5年ほどの間に日本で公演された作品を紹介して、ケベックの演劇の特色と貢献を探ることが試みられた。
日本で最も有名なルパージュについては、最新の作品『針とアヘン』を紹介しつつ、ポリグラフの使用の巧みさなどを評価する一方で、彼のようにビジュアルな面を強調して言語の壁を乗り越えたことがケベック演劇の特色であるかのような説には賛同できないとのことであった。
むしろ、ムワワドや特にブシャールの作品に見られるような、フランス語の伝統や古典への回帰、およびその新しい可能性の追求が、より重要なケベック演劇の貢献とも考えられる。それは80年代以降、フランスよりはケベックで見るべき劇作家と演劇が出てきていることを象徴しているというのが結論であった。
質疑応答では、取り上げられた三者の作風はそれぞれ非常に異なるものであり、そのことがケベック演劇の幅広さと奥深さを示しているのではないかという指摘などがあった。

151128e.jpg 151128f.jpg
151128g.jpg 151128h.jpg
(文責・写真撮影:宮尾尊弘)
スポンサーサイト

会員の活動報告およびケベック州政府在日事務所より

会員の活動報告およびケベック州政府在日事務所より (11/18, 11/20, 11/24改定)

会員の活動報告: ジュリアン・デルメール氏の講演とTVインタビューについて
立花英裕(早稲田大学):
去る11月15日より23日まで、フランスの詩人ジュリアン・デルメールが来日し、各地で講演会を開き、私も同行いたしましたので、ご報告いたします。
ジュリアン・デルメールについては、以前ニューズ・レターで触れたことがありますが、詩人というよりも、slameurと言った方がいいかもしれません。しかし、この言葉に持ってしまうかもしれないイメージとは異なり、彼はおそらく現代を代表する第一級の詩人です。フランス詩の長い伝統に通じていますし、同時にまたフランス語圏の詩、とりわけエメ・セゼールの遺した詩的遺産を受け継いでいます。フランス詩とカリブ海の伝統的口承性とを掛け合わせた詩人と言ったらいいのでしょうか。もっとも、彼がカリブ海出身というわけでは必ずしもないのですが、ともかく、すばらしい声とテクニックで詩を朗誦し、私たちが詩の朗読について抱いているイメージを木っ端みじんに砕いてしまう人です。
そもそも、誰もが一度彼に出会うと強い印象を受けるようです。その証拠に全く偶然に出会ったNHKテレビが惚れ込んだようで、2度も取材を受ける事態になりました。11月18日に行われた日本女子大学での講演は逐一テレビ・カメラに納められ、その日の午後6時10分からの「首都圏ネットワーク」で放映されました。長さはおそらく10分か15分くらいでしたが、ジュリアン・デルメールと1人の女子学生に焦点を当ててドキュメンタリー風に編集されていました。
彼はケベックとも交流があり、近刊予定にMémoire d’encrier社の詩集Rose-pirogue がありますし、来年4月のケベック市の文学フェスティヴァルに招待されているそうです。
今回、ジュリアン・デルメールは日本学術振興会の助成で日本フランス語教育学会の福岡大会に参加しました。私も、小松祐子先生、廣松勲先生と共に参加しました。学会のプログラムについては、以下のURLをご参照ください。
http://sjdf.org/fukuoka2015/programme
詳しいことについては、私のFacebookにも報告があります。
https://www.facebook.com/hidehiro.tachibana.7
(以上、立花)
参考(ブログ担当より)
ジュリアン・デルメール氏の日本での活動とインタビュー
11月16日(月)アンスティチュ・フランセ東京での記帳(同日夕方NHKの首都圏ニュースでデルメール氏と小松会員のインタビュービデオ放映)
NHKニュース「仏文化の紹介施設に犠牲者悼む記帳台 東京」(ビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=JyAgwIij2hg
11月16日(月)早稲田大学での講演会
http://www.waseda.jp/oris/event_detail.php?KikoId=07&kbn=0&OshiraseID=1059
http://ameblo.jp/atelier-elsur/entry-12096480239.html
11月18日(水)日本女子大学での講演会(同日夕方にNHK首都圏ニュースで放映、ただしネット上の公開なし)
http://www.jwu.ac.jp/unv/lecture_news/2015/20151118.html
11月19日(木)筑波大学での講演会
http://www.sachiprof.sakura.ne.jp/tsukuba/ConfJulienDelmaire.pdf
11月20日(金)~22日(日)日本フランス語教育学会での講演
http://sjdf.org/fukuoka2015/programme
さらに以下も参照のこと:
ジュリアン・デルメール「奇跡の武器」(日本フランス語圏文学研究会; 2014年11月29日)
http://www.archipelsfrancophones.org/archipels%20francophones%2004.pdf
-----------------------------------------------------------------------------------
立花英裕(早稲田大学): 書評と論文のお知らせ。
1.『週間読書人』2015年11月13日号に書評を載せました。対象となった本は次の通りです:加藤晴久著『ブルデュー 闘う知識人』 (講談社選書メチエ)。
2.日本語を論じる論文を書きました。モンレアルで会った金谷武洋氏から触発されたもので、ケベックの言語空間にも僅かながら触れています。
 「助詞ハと日本語統語論をめぐって-モントリオールで出会った日本語論- 」 『述語制の日本語と日本文化』(Library iichiko 128)、文化科学高等研究院出版局刊、2015年10月、pp. 31-44.
-----------------------------------------------------------------------------------
ケベック州政府在日事務所からのお知らせ:
Facebookより: https://www.facebook.com/QuebecJP
Délégation générale du Québec à Tokyo ケベック州政府在日事務所がDélégation générale du Québec à Parisのアルバムをシェアしました。
Suite aux tragiques attentats à Paris, plusieurs monuments du Québec rendent hommage à la France en guise de soutien et de solidarité.
(Au Québec, rassemblements et marches de solidarité avec la France)
http://www.international.gouv.qc.ca/fr/paris/actualites/15807
(Les artistes québécois expriment leur solidarité avec la France)
http://www.international.gouv.qc.ca/fr/paris/actualites/15814#presse
------------------------------------------------------------------------------
久山友紀(文化・公的機関担当官):展覧会のご案内です。
カナダ大使館高円宮記念ギャラリーにて
2015年11月27日(金) ~ 2016年1月28日(木)
ケベック州出身のアーティスト2名と東京を拠点に活躍する日本人アーティスト1名によるペーパーワーク展「反転と回帰」が開催されます。
詳細は以下をご参照ください。
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/events-evenements/gallery-20151028-galerie.aspx?lang=jpn
---------------------------------------------------------------------------------
プロフィール

AJEQ: www.ajeqsite.org/

Author:AJEQ: www.ajeqsite.org/
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。