AJEQの公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月13日・AJEQ西日本地区第1回研究会報告

日本ケベック学会・西日本地区第1回研究会(ベルギー研究会共催)報告(2/16)

丹羽 卓(AJEQ西日本地区第1回研究会企画委員長)

2月13日(土)午後1時から5時30分まで、阪南大学あべのハルカスキャンパスにおきまして、標記の研究会を開催しました。
ケベック学会はこれまで数か月に1度の頻度で研究会を行ってきましたが、会場はいずれも東京だったため、時には西日本でも開催をという理事会の意向を受け、西日本在住の真田理事、大石理事および私の3名が立案にあたりました。ただ、西日本のケベック学会員の数はごく限られているため、充実した研究会とするためベルギー研究会の協力を得ることとしました。その結果、ベルギー研究会の岩本和子会長も企画・運営委員にお加わりくださることになり、計4名で企画・運営にあたりました。
話し合いの結果、研究会タイトルは「多言語社会ケベックとベルギー ― その言語状況と舞台芸術」とし、4名の発表者を得ることができました。発表タイトルと合わせて次に記します。

第1部「ケベックとベルギーの言語状況」
大石太郎氏(関西学院大学) 「ケベックのアングロフォン―現状と今後の展望―」
石部尚登氏(日本大学) 「ベルギーの言語としてのフランス語―ワロン運動におけ る言語観から」

160213A38.jpg 160213A48.jpg

第2部「ケベックとベルギーの舞台芸術」
髙橋信良氏(千葉大学) 「ベルギーの現代舞台芸術——教育と情報が果たす役割」
藤井慎太郎氏(早稲田大学) 「ケベックの地域主義・文化政策・舞台芸術」

160213A58.jpg 160213A68.jpg

第1部は司会を岩本和子氏(神戸大学)、コメンテーターを真田桂子氏(阪南大学)が、第2部は司会を真田氏、コメンテーターを岩本氏が務めてくださいました。そして、私が全体の司会にあたりました。真田理事には運営委員長もお引き受けいただき、実施にあたり多方面で世話いただきました(会場として、阪南大学あべのハルカスキャンパスの真新しい部屋を使用させていただけたのも、真田理事のおかげです)。
参加者は大阪近辺のみならず、東京や広島からもあり、総勢24名での会となりました。小倉会長にもご多忙な公務の日程の間をぬってご参加いただけたことは、私どもにとって大きな励ましでした。
研究会の詳細な報告は、3月末発行予定のニューズレターでなされますので、そちらに譲ることにし、今回の研究会は発表が充実していただけでなく、非常に活発な意見交換がなされ、4時間半の予定時間では足りないくらいだったことだけお伝えしておきます。さらに、ケベックとベルギーという異なる地域の比較研究が豊かな実りを生むという可能性が見えたという点でも、この研究会の開催意義があったと思います。
最後に、ここで名前を挙げた方々以外にも多数の方のご助力を得て、研究会を無事開催できたことを感謝とともに申し添えます。

参考:
その他の写真については、以下のAJEQ写真集ブログをご覧ください。写真提供:大石太郎氏(関西学院大学)
http://ajeq.blog.so-net.ne.jp/2016-02-16
-------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

会員のお薦め情報

会員のお薦め情報(2/5、改定 2/8)

久山友紀(ケベック州政府在日事務所):ケベックに関する文化活動のご紹介です。
1)シンポジウム:「アーティスト・イン・レジデンス・シンポジウム」(京都市、京都芸術センター主催)が、以下の通り開催されます。
日時:2月27日(土) 15:00~17:30
会場:京都芸術センター・講堂(http://www.kac.or.jp/access/
パネルディスカッションにアーティストでケベック・アートカウンシル役員のSylvie Cottonが登壇予定です。
アーティスト・イン・レジデンスについて色々討論できるチャンスかと存じます。
なおこのシンポジウムは、京都芸術センター15周年記念フェスティバル(2月5日~3月6日)の一環として開催されるものです。
詳細は以下のウェブページをご覧ください。
http://www.kac.or.jp/events/17536/
第一部
講演「文化芸術の力は、いかにして発揮されるのか~地域にできること~」
登壇:近藤誠一(公益財団法人京都市芸術文化協会理事長、前文化庁長官)
第二部
パネルディスカッション「アーティスト・イン・レジデンスの課題と展望」
登壇:近藤誠一、菅野幸子(国際交流基金コミュニケーションセンタープログラムコーディネーター)、Stefan Hilterhaus(PACT Zollvereinアーティスティック・ディレクター)、Sylvie Cotton(アーティスト、ケベック・アーツ・カウンシル役員)、増本泰斗(アーティスト)、平竹耕三(京都市文化芸術政策監)ほか
モデレーター:佐々木雅幸(文化庁文化芸術創造都市推進室長)
2)シルク・ドゥ・ソレイユ:「TOTEM トーテム-Cirque du Soleil シルク・ドゥ・ソレイユ」が、2月3日にお台場ビッグトップにて幕開けしました。
今回の公演はロベール・ルパージュのプロジェクションマッピングも見所のひとつです。御期待を裏切らない感動の作品です。
東京では6月26日までの予定です。詳細は以下をご覧ください。
http://totem-jp.com/
-------------------------------------------------------------------------------
山崎吉朗(私学教育研究所):外国語教育に関するシンポジウムのお知らせ
下記のシンポジウムを3月13日(日)に上智大学で開催します。ホームページをご覧ください。たくさんの方のご参加をお待ちしています。結集しないといけません。さまざまな言語の方にお伝え頂けると幸いです。
http://www.jactfl.or.jp/
外国語教育シンポジウム
第4回外国語教育の未来を拓く―多様な外国語教育の価値を発見する―
日時 2016 年3 月13 日 (日) 10:00 - 17:30
場所 上智大学四谷キャンパス 12 号館
主催 一般社団法人日本外国語教育推進機構(JACTFL)、上智大学国際言語情報研究所(SOLIFIC)
後援 文部科学省(申請中)、経済産業省、東京都教育委員会
協力 公益財団法人国際文化フォーラム、一般財団法人日本私学教育研究所
プログラムhttp://www.jactfl.or.jp/wdps/wp-content/uploads/2016/01/affiche16.pdf
●午前の部 (開場9:30~)
10:00~10:30 開会式
10:30~12:15 基調講演 「日本における複数外国語教育の進展:その理念と実践」
森住 衛(関西外国語大学客員教授 他)
●午後の部
13:15~14:00 報告 「東京都における多言語学習についての報告」
14:15~16:15 分科会 「外国語教育の多様化の実現に向けて」
1)小中学校の部:
光塩女子学院初等科、埼玉県杉戸町立西小学校、
オリンピックに向けた渋谷区中高連携事業参加校
2)高等学校の部:
環日本海地域の高等学校(4 校)、東京都立杉並総合高等学校
複数外国語必修化提言実現のための具体策について
3)大学の部:
慶応義塾大学総合政策学部、立命館大学文学部,獨協大学外国語教育研究所
16:30~17:30 各分科会の報告・まとめ
閉会式
参加希望者へ
募集人数 200 名(先着順 早めにお申し込み下さい)
参加費 会員(JACTFL)無料 一般 1000 円(会場整理及び資料代)
事前の申し込みが必要です (こちらから http://www.jactfl.or.jp
--------------------------------------------------------------------------------
プロフィール

AJEQ: www.ajeqsite.org/

Author:AJEQ: www.ajeqsite.org/
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。